耐力壁の規定

​耐力壁の計算基準

​ 木造の許容応力度計算の基準になっているのはグレー本と呼ばれているこちらの本です。

木造軸組工法住宅の許容応力度計算

​ 審査機関はこの本を基準に審査を行っています。この本の内容に合わない場合、審査機関がOKを出してくれないことがあります。審査機関がOKを出してくれないと言うことは建築できないと言うことです。

​ この中で耐力壁の規定について取り上げてみます。まずはこちらのページのマーキング箇所をご覧下さい。

​ 分かり易く言い換えると以下のようになります。

 

・筋交いによる耐力壁は90cm以上の柱ピッチとし、階高は315cm以下にしなさい。

・合板等を張る耐力壁は60cm以上の柱ピッチとし、階高は300cm以下にしなさい。

​ ですから、耐力壁の取りづらいプランで60cm幅の耐力壁を使う場合には、階高が300cmに制約を受けるので注意が必要です。また、基準法の仕様規定では壁倍率は5.0までにする事になっていますが、許容応力度計算においては7.0倍まで耐力を上げる事が出来ます。

​つづく・・・

© 2017 by L'art de vie studio.

  • White Facebook Icon

L'art de vie studio(アールドヴィースタジオ)

愛知県刈谷市の一級建築士事務所です

lartdevie@me.com

0566(78)5857