• 古庄正臣

基礎底版の考え方


 基礎の底版部分にはこのように配筋をします。この配筋、実はどちらが上側に来るか決まっています。どちらが上側に来てもいいように設計することも出来ますが、現場の監督さんには基本をしっかりと理解しておいてほしいものです。

 基礎の配筋の考え方について簡単にスケッチでまとめてみました。

 監督さん、構造の苦手な設計士さん達の理解の手助けになればと思います。

#スラブ配筋 #基礎

359回の閲覧

© 2017 by L'art de vie studio.

  • White Facebook Icon

L'art de vie studio(アールドヴィースタジオ)

愛知県刈谷市の一級建築士事務所です

lartdevie@me.com

0566(78)5857